8月17日のEスポ – 中国方面

今日の自動録音によるEスポでの遠距離受信ですが、12:30頃に93.5MHzと96.5MHzで中国局が受信できていました。
局名アナウンスは確認できませんでした。
今回は5MHzの帯域幅での録音ですが、この2波は同じ画面で見えています。
信号の浮き沈みがほぼ一緒だったので、同一送信所の可能性があります。
帯域が広いとこういうチェックがしやすいですね。

もう一つ気づいたのが、HDSDRで録音したファイルがSDRunoでも再生できたという事でした。
とにかくSDRunoは音が良いので、この音質でチェックできるのは結構便利かも知れません。

スポンサーリンク
※このサイトのドメイン・サーバーはこちらを利用しています。
スポンサーリンク
※このサイトのドメイン・サーバーはこちらを利用しています。
2020年EスポFM・VHF
スポンサーリンク
MW-VHF DXing

コメント

タイトルとURLをコピーしました